家族と一緒に沖縄ダイビングを思いっきり楽しむ方法

家族で沖縄に行くという場合には、誰しも海水浴場に行くはずです。灼熱の太陽のもとでビーチで泳ぐのは最高に気分が良いからです。普段、オフィスなどで働いていて日光に当たる機会の少ない人は、日焼けをする良いチャンスになります。日光浴をすると体内でビタミンDが生成されることがわかっており、健康にも良いのです。

沖縄の海に子供を含めた家族で行くならやっておきたいのが、マリンスポーツであるバナナボートとダイビングです。バナナボートは家族みんなで乗るアトラクションと考えると良いでしょう。またダイビングは水中の魚と戯れるチャンスです。日本でも沖縄ほど水中の魚が見える場所はないでしょう。慶良間諸島などの海はケラマブルーとも呼ばれ、日本有数のダイビングスポットになっています。沖縄にたくさんあるダイビングスクールでは子供用のコースがあり、ドライスーツの着こなし方やレギュレーターといった機材の使い方を教えてもらうことができます。また余裕があれば、BCの吸排気の方法についても教えてもらえるでしょう。親はすぐに理解できますが、お子さんが小さい場合は理解が難しいかもしれません。そのような時は、親が優しく教えてあげれば尊敬の眼差しを浴びることになります。また、子供が一番目を輝かせるのは魚に餌付けをしている時で大量の魚がやってきて餌を食い荒らす姿が何度見ても見飽きません。水中カメラをレンタルしたりすれば、魚のすぐそばによって記念撮影をすることもできます。

沖縄に来る家族の中には、お子さんの誕生日プレゼントや記念プレゼントとしてダイビング体験をさせてあげるという家庭が増えているそうです。楽しい思い出は子どもたちにとって一生の財産になります。海はサーフィンや水上ボートだけでなく、潜ることでもっと面白い世界が見られるということを伝えてあげられるのが沖縄ダイビングの醍醐味なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です